写真には2種類ある




点と線

写真には2種類あるんです。

「点」の写真と  

「線」の写真

写真なんて全部止まってるから「点」だろ

と思ってる人。

違うんですよ!!

「線」の写真は

物事のプロセスの途中を切り取った 動きのある写真。

「点」は完全に動きの止まった瞬間の写真。

これはどっちが優れてるとかの話ではなく、

どっちが好きかの話。

「線」の写真は

作り込まれてる感がなく、自然体であるだけではなく

写真そのものにストーリーを感じ取れる

ぼくはそういう「線」の写真の方断然が好きですし、
そういう写真を撮りたいんです。

そのためには
被写体がいかにカメラを感じないか

これが大事なんです。

昔修学旅行で撮った「写ルンです」の写真

みんな自然な表情で、作り込んだ感なんてなかったですよね

ぼくはそういうところに写真のよさを感じます。

今日もせっせとツイート中


SPONSORED LINK