どの言葉が適切か考えさせられた




先日

とある企業の方に

自分の就業観を語る公の場があったんですよ。
(いわゆる面接ってやつ)

自分の就業観についてはとっても
すんなりと書き切れる内容ではないので

今回は割愛しますが、

ざっくり言うと

「自分の抱えてる問題意識を解決できる場として企業があり、
企業の資源を『使ってやる』って言う気概で働く。」

ってのがぼくの就業観なのです。

話を戻しますが、ぼくはこの公の場で

『使ってやる』って言うワードを

そのまま使ってしまったのです。

しかしこれにはちゃんとした戦略があって

自分の考えてることは何もフィルターかけずに

どストレートに投げかけた方が効果あるんじゃないだろうか

と言う考えのもと『使ってやる』という表現を使ったんです。

しかしこれが全く逆に働いてしまった。

企業の方に
「カチンときました」
って言われたんです。

「あああああああああああああああああああああ」

「こっちのタイプだったかーーーー」

今までぼくが接してきた人にはこの「どスレート投法」が効果抜群だったんですけど

この人には効かなかった。

この企業の人はみんな効くと思ってたぼくが甘かったです。

まあよく考えればこの「どストレート投法」は諸刃の剣なんですよね。

そりゃカチンとくる人もいるわ、、、、、
(てか普通に考えてそっち方が多いわ)

言葉の選び方を戦略的にミスった

んーーーー難しいわ、、、、

 


SPONSORED LINK