映像作家になりました。




えーこの度、

 

わたくし、早川雄大は

 

「写真家」という肩書きに加え「映像作家」を名乗ることとなりましたので、ここにご報告させていただきます。

 

いままでの写真も、もちろん続けつつ、

 

これからは映像の分野でも活躍できるように精進する次第でございます。

 

至らない点は多々あるかと思いますが、みなさまどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

そう、至らない点が多々あるかと、、、、

 

 

 

至らない、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だってまだ1回も撮ったことないもん。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、、、、、

 

 

 

ん?????

 

小さい虫なら死にかけるほど、意味不明かもしれませんが、

ぼくは映像作家になりました。

 

まぎれもない事実です。

 

と、まあ冗談はここまでにして(全然冗談じゃないけど)

 

なんで「映像作家」を名乗ることになったかを

 

スーパー詳しく説明していきますね。

 

 

映像作家への道のり

あの暑い日をぼくは忘れません。

 

そしてあの衝撃的な出会い。

 

そう、ぼくは出会ってしまったんです。

 

こいつに

 

表参道のApple Storeにあったこのスタビライザーの前で

眺めていたら、店員さんがきて(今となってはぼくを映像作家へ導いてくれた恩人)

「あ、使ってみますか??」

このなんともカジュアルな言葉によってぼくの人生は大きく動いたのです。

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

初めて使って見て(7/16 (日))

ちょっと考えて(7/17(月))

買った(7/18(火))  店員さんごめん!!!結局ヨドバシカメラで買っちゃった!!

 

 

 

と、なんとも壮絶なストーリーをへて

ぼくは映像作家になったのです。

 

 

さて

 

こうして映像作家になったぼくですが、

 

先ほども述べた通り、まだ作品がありません。

 

とにかく撮らないとです!!

 

ってことで、イベント等で動画を撮ってほしい!!って人がいらっしゃいましたが、ぜひご用命ください。

 

ツイッターのDMフェイスブックのメッセンジャーインスタグラムのDMなんでもいいです。

 

ギャラは交通費さえいただければ、頂戴いたしません

(こりゃお金もらっても大丈夫だなと思ったら改めて募集します。)

 

ご興味ございましたら、ご連絡ください。

 

 

以上、映像作家の早川でした。

 

 


SPONSORED LINK