【永久保存版】いまさら聞けない「写ルンです」の使い方 完全ガイド




どうも、みなさんが思ってる10倍はガチな写真家の早川です。

 

ぼくのインスタをご覧になったことのある方なら、ご存知かもしてませんが

ぼくの写真は全てフィルムカメラで撮影しています。


よく電気屋さんで売ってる、ゴツいデジタル一眼レフは使ってません。

 

なので、写真をよく知らない人と撮影するとあまりにもぼくの軽装備に

「えっ、」って顔をされるんですが、大丈夫です。フォロワー3000人いる写真家です。

 

ところで
写ルンですってご存知ですか??

 

 

いま、ちょっこしブームにもなっていて、気になってる人も多いのでは??

 

でも、

  • どこで買えばいいのかわからない、、
  • フィルムカメラって難しそう、、
  • 教えてくれる人が周りにいない、、
  • てか、イマイチよく知らない

という人もまだまだ多いはず。

 

写真界でトップを走る人も多く使用しているこの「写ルンです」

もちろん、ぼくもよく使っています。

 

しっかりと使い方さえ理解すれば、誰でも最高な写真が撮れるので、しっかりマスターしてくださいね!

写ルンですとは

そもそも写ルンですはカメラではなく、「レンズ付きフィルム」なんです。

 

「は???」

 

と思われた方、大丈夫です。

 

つまり、カメラですww

 

発売開始は1986年で「使い捨てインスタントカメラ」の代名詞として、長年愛されてきました。

 

しかし、デジカメ、スマホの普及でその生産台数は激減し、一時は存続の危機に晒されますが、

InstagramなどでのSNSで、そのフィルム独特の色味や、ノスタルジー感が「おしゃれ」と認識され、一気に再ブームが到来した。

 

という経緯です。

 

だから、バブルを過ごした人なら誰もが一度は使ったことのある定番カメラだったんです。

まずは「写ルンです」を買ってみよう!!

ではその写ルンですをどこで買えばいいのか??

売っている場所は大きく分けて2つ

  • カメラ屋さん・家電量販店
  • オンライン

 

いずれも650円〜買うことができます!

 

カメラ屋さん・家電量販店

きっとあなたの街の家電量販店にも売ってます。

ご安心ください!

 


昨今のブームでどの家電量販店・カメラ屋さんも写ルンですを取り扱い始めました。

ちょっとここで都心で買えるところを紹介すると

新宿

  • カメラのキタムラ新宿西口店
  • ヨドバシカメラ新宿西口本店
  • ヨドバシカメラ新宿東口店
  • ビックロ
  • ビックカメラ新宿西口店
  • 新宿ミロードロフト

渋谷

  • カメラのキタムラ渋谷店
  • ビックカメラ渋谷東口店
  • ビックカメラ渋谷ハチ公口店
  • ヨドバシカメラ渋谷東口店
  • 渋谷ロフト

オンライン

Amazon楽天などで購入することができます。

 

近くに家電量販店などない人なども安心して購入することができますね!

 

ぼくは買いに行くのが面倒なのでもっぱらAmazonで買ってますww

 

種類

さて、購入にたどり着けてたと思ったら最初の難関があります。

 

 

 

それが、、種類、、、

 

 

「どれを買えばいいんだ、、、、」となってしまわないように

 

紹介していきます

まず定番の「シンプルエース」

 

 

どんな状況でも使えるスタンダードタイプで、値段も一番安いです。

 

 

その名の通りシャッタースピードが早く、ブレに強い「Hi-Speed」

 

そして、なんと水中でも使える防水タイプ

 

この3パターンから選ぶことになります。

 

防水タイプは海やプール以外での使用は基本的にはしないはずなので割愛しますが、

「シンプルエース」と「Hi-Speed」ってどう使い分けていいか、わからないですよね。

「シンプルエース」と「Hi-Speed」の使い分け方

意外と簡単で、以下の3点のいずれかに当てはまった時に「Hi-Speed」を使ってください。

  • 夕景・夜景をフラッシュなしで撮りたい
  • 室内をフラッシュなしで撮りたい
  • スポーツなど激しい動きを撮りたい

 

つまりこれ以外は「シンプルエース」で大丈夫です。

 


とりあえず迷ったら「シンプルエース」を買うことをオススメします。

 

また、枚数にも注意してください。

 

写ルンですには27枚撮りと39枚撮りがあります。

 

39枚撮りの方がお得なので、そちらを選ぶようにしましょう。

「写ルンです」の使い方

さあ、実際に使ってみましょう!!

 

外袋を開けるとフィルム独特の匂いがしてきます。

 

使い続けるとこの匂いがクセになってきて、ある意味中毒みたいになりますww

基本的な使い方

 

まずはじめに各パーツを紹介します。

 

この画像を参考にしてください!

使うのは、「巻き取りレバー」「ファインダー」「シャッター」「フラッシュ電源」このたった4つです。

 

さあ、実際の撮影の手順です。

1、巻く

まずしっかり巻いてください。最後まで巻き切らないとシャッターが押せません。

2、撮る

ファインダーをのぞいて、シャッターを押す

 

 

はい以上!!!!!!!!

それだけ!!!!!!!!

 


写ルンですの人気はこの操作のしやすさにありますね!

よくあるミス

 

こんなに簡単な写ルンですなのに撮影に失敗する人がよくいます。

写ルンですにおける失敗パターンは3つです。

  • 暗すぎる
  • ボケてる
  • 指が写ってる

 

それぞれ原因と解決策をお教えすると、

暗すぎる


原因 : フラッシュを炊いてない

写ルンです(「シンプルエース」)は日中の屋外を基準に作られているので、それ以外のシチュエーションでは基本的に明るさが足りません。

屋内の明るいところでもフラッシュは必須です。

また、夕方や曇りの日でもフラッシュは必須なので、「晴れてる外」以外はフラッシュをマストで炊くようにしてください。

解決策 : 晴れの屋外以外はフラッシュを炊く

ボケてる


原因 : 近すぎる

これもよくあるミスですね。

写ルンですは「1mより近く」はボケます

こればかりは、そういう設定なので、諦めてくださいww

よくあるのは料理を撮ろうとして近づいて、ボケボケのなんの食べ物かわからない謎写真になってしまうミス。

1m以上離れて撮るということを覚えておいてください。

解決策 : 1m以上離れる

指が写ってる


原因 : レンズを指で触ってる

写ルンですのファインダーはレンズとズレた位置にありますよね。

つまり撮れている写真と、ファインダー越しに見ている画は違うんです。

そしてシャッターを押すタイミングでレンズに指がかかっていても、気づかないんですよね。

なんせ見えてないんで。

気をつけてください!!!!!!!!

解決策 : レンズを触ってないかその都度確認する

写ルンですを撮り終わったら??


すべて撮り終えたらからと言って、中のフィルムを無理やり取り出そうとすることだけは、絶対にやめてください!!

 

今まで撮った写真が全部消えます。

 

撮り終えたら、まずカメラ屋さんや家電量販店に行きましょう!

 

ここで「現像」と「データ化」をしてもらいます。

 

現像ってなに???という質問がありそうですが、大丈夫です。

 

詳しく知らなくてもなんの損もしませんww

 

店員さんには

「現像とデータ化をお願いします」といえばOKです。

 

たまに「プリントはよろしいですか??」と聞いてきますが、「結構です」と一蹴してくださいww

 

プリントなんて、いつでもできるので大丈夫です!

現像・データ化できるお店

 

一般的に写真屋さんと呼ばれるお店や、家電量販店でできます。

いずれも所要時間は1時間〜1時間半ですが、料金が違うのでまとめておきますね!

店舗名 現像代 データ化代 備考
カメラのキタムラ ¥600 ¥500 スマホ転送(データ化込み)¥800
パレットプラザ ¥650 ¥500
ビックカメラ ¥600 ¥500
ポパイカメラ ¥550 ¥500

(店舗によってバラツキがあります。ぼくはいつもカメラのキタムラ新宿西口店さんにお世話になってます)

スマホへの移行

データ化した写真はスマホに写してSNSにアップしたいですよね!

方法は主に2つ

  • CDをパソコンで読み込み、その後スマホへ移行
  • スマホへ直接データを送ってくれるお店を探す

 

現像から帰ってきたフィルムとともにCDが付いてきます。

 

それをパソコンで読み込み、スマホへ転送するのが一般的なやり方です。

 

しかしカメラのキタムラの一部の店舗では直接スマホへ送ってくれるサービスを行なっています。

 

少し割高ですが、パソコンがない人やパソコンからの転送が面倒と思う人はぜひ試してみてください!!

「写ルンです」を使うメリット

ここまで、
購入・撮り方・撮り終えた後 を説明してきました。

 

いかがでしたでしょうか??

 

とっても簡単で、気軽に使えると思いませんか??

 

そんな写ルンですを使うメリットをここでおさらいしようと思います。

気軽に使えて持ち運びしやすい

まず、注目すべきはその気軽さ

 

なんと言っても、小さくて軽い!!

 

スマホより小さく、軽いので、ポケットにすっぽり入ります。

 

旅行で重い一眼レフカメラを首からぶら下げると、一気に疲れますよね。

 

写ルンですはそんな心配は一切ご無用ですよ!!!

どこでも手に入る

 

写ルンですはその入手のしやすさも魅力の一つです。

 

家電量販店に行けばほぼ間違いなく手に入るでしょう。

 

そして、最近ではブームに乗っかりコンビニでも販売を始めている場所もあります。

 

また、観光地ではお土産屋さんにもおいてありますね!

 

「あ、カメラ忘れた!!」

「ああああアーーーー!!!カメラ壊れたー!!」

 

って時でもすぐに買うことのできるカメラは写ルンですだけですね!

安い

そして、なんと言っても安い!!

一番安いもので、650円ほどで買うことができます。

カメラ界では最安値ですよ!!

非日常

スマホやデジタルでは撮れない写真が撮れる写ルンです。

そのフィルム独特の色味やノスタルジー感。

さらにはどんな写真が撮れてるか現像するまでわからないというワクワク感、失敗するかもというドキドキ感

どれもフィルムカメラならではの非日常的な楽しみが写ルンですで味わえます。

SNS映え

撮った写真はもちろんSNSに投稿しますよね!

そんな時、写ルンですの写真はひときわ目を惹く魅力があります。

日常の何気ない一コマも写ルンですで撮れば、まるで一つの作品のように見えます。

SNSでみる「写ルンです」

ここでInstagramのハッシュタグ「#写ルンです」で投稿された写真を見てみましょう!!

おしゃれですよね!!

こんな写真があなたにも簡単に撮影することできます(マジで!!!)

撮った写真はアルバムにしよう!

せっかく写ルンですで撮った写真はSNSだけではなく、プリントしてみましょう

実際にプリントすると、違った見え方ができ、ますます写真が好きになること間違いなしですよ!

さらに旅行や記念日などはアルバムにすると思い出をシェアしたり、振り返ったりするときに便利ですよね!


 

 

 


SPONSORED LINK