早川がVALUで集めた資金の使い道




どうも早川です。

 

ここ最近もっぱらVALUにハマってまして、朝9時から夜の9時までずっとVALUの画面とにらめっこしてます。

(画像をクリックすると僕のVALUにとべます)

 

人それぞれ叶えたいものがあって、追求したいものがあって、
VALUを見てるといろんな人がいて、それだけで楽しいですが、
やっぱり自分のVALUが売れる瞬間が一番嬉しいですよね。

 

特に嬉しいのは

このようにインスタの写真を見てVAを購入してくれる人

 

純粋に写真が評価されたことに嬉しさを感じます。

 

さて、今日は僕がVALUを使って集めた資金で何をしたいかを列挙していきます。

VALUで集めた資金の使い道

 

VALUで集めた資金はすべて写真家・映像作家としての活動資金に充てさせていただきます。

 

では具体的に何にどれくらい使うのかを列挙していきます。

写真を撮るためのランニングコスト

  • フィルム代(月10,000円)
  • 現像代(月6,000円)

展示会費用

まだプレスリリース前なので、公言できないのが心苦しいですが
秋に大きな個展をやらせていただきます。

 

身の丈に全く合わない会場で、いささか違和感がありますが
ご縁がありまして、開催させていただくことになりました。(追って詳細を連絡します)

 

写真家としてのこれからの活動を占う大一番といっても過言ではない、それくらい僕にとって大事な個展なんです。

 

どうして成功させたい。そしてたくさんの人に僕の写真を見て欲しいです。

 

そんな個展にかかる費用をVALUで集めた資金から充てさせていただきます。

  • 会場費(30万円)
  • 印刷代(約5万円)
  • 備品などその他の費用(約1万円)

さらに集まったら機材を買い足したい

僕の写真はすべてフィルムでとっていて、もちろん使っているカメラもフィルムカメラでして、それに関する機材はすべて集まったと思ってます。

 

なので次は映像に関する機材を揃えていきたいです。

  • ドローン
  • 一眼レフ用スタビライザー

VALU発の写真家のロールモデルになりたい

 

僕みたいに写真や音楽・絵画などの芸術に没頭している人って

「食べていけないから」
「生活が苦しいから」

そんな悲しい理由で
いずれその夢を諦める人がほとんどじゃないですか。

 

いままでそれでいくつもの才能が死んできた。

 

それをVALUは克服できる力を持っているはずです。

 

僕はそれを自分で証明したいのです。

 

そんな僕のVALUはこちら

写真などの作品はInstagramホームページをご覧ください


SPONSORED LINK